はちがめプランの歴史

 

         
微生物の選別培養実験(H10)   種菌培養実験場(H11)    

 

H4
(1992)

○生ごみを可燃ごみと一緒に燃やすのは、“もったいない” と気付いた
    飲食店や旅館の経営者、市民が中心となって『生ごみ資源化研究会』
    を発足させ、調査や研究を開始した。

H9
(1997)

○理解者が増えてきたので「生ごみ堆肥化実行委員会」を結成、活動の
    愛称を「伊万里はちがめプラン」と名付け、環境保全運動と堆肥化のた
    めの微生物の研究を本格的に始動する。
H9~10
(97‐98)

○伊万里農林高校応用微生物部との共同研究によって生ごみに対して
    活発に反応する醗酵菌群の選別培養に成功。
    種菌としての改良と培養を行なう。

H10
(1998)

○これまでの調査や研究をまとめ「伊万里地域資源循環ライフシステム
    計画 “伊万里はちがめプラン”」を伊万里市に提出し、行政や市民に訴
    える。

H10~13
(98‐99)

○佐賀県商工連合会、伊万里商工会議所が主催した「地域ゼロエミッシ
    ョン研究開発事業“ごみを宝に”」に委員として参画、国連大学の鵜浦
    真沙子氏(当時)の指導を受ける。11年、種菌培養実験場が完成。

H12
(2000)
○多くの市民の協力によって、待望の生ごみ堆肥化実験プラント(生ごみ
    3トン/日)が完成した。調査で明らかになった分別可能な生ごみ10~
    15トン/日を市が堆肥化事業を政策として実施することを想定、実用化
     に向けた本格的な微生物による生ごみ堆肥化実証実験を開始した。
H13
(2001)

○菜の花エコプロジェクト活動開始。
  エコハウス完成(菜種搾油機・廃食油燃料化装置導入)。
○佐賀県環境サポーター(地球温暖化防止推進員)として小中高校生に
    対し生ごみ堆肥化や菜の花プロジェクト活動などの実践的環境保全活
    動を通し総合学習による環境教育を開始。

H14
(2002)
○九州菜の花サミットin伊万里を開催、菜の花プロジェクト活動の普及啓
    発を図る。
○県、市の支援を受け環境保全創造住民活動事業「伊万里『環の里』計
  画」がスタート。
H15年
(2003)

○佐賀大学が地域貢献事業「はちがめエココミねっと」によって全面的に
    はちがめプランを支援開始。
○佐賀県の支援を受け生ごみ資源化モデル事業を実施、3ヵ月で120世帯
    の生ごみ分別協力者が実現。
○特定非営利活動法人(NPO法人)伊万里はちがめプランとして、佐賀
    県の認定を受ける。

H16年
(2004)
○国際協力銀行が主催したタイ環境教育ワークショップに参加、『環の
    里』計画の活動を発表。
○経済産業省の市民ベンチャーモデル事業の支援を受け農産物直売所
    “風道”を開設。
H17年
(2005)
○タイ王国での生ごみ堆肥化の可能性とコミュニティ活動によるネットワ
    ークについての調査と支援事業に佐賀大学と共に参加(国際協力銀行
    支援)。
○総務省の17年度地方財政重点施策である地域再生実践塾が、はちが
    めプランの資源循環活動を事例として伊万里で開催された。
    (毎年全国で5ヶ所):主催/(財)地域活性化センター
○環境大臣より環境カウンセラーとして認証を受ける。
H18年
(2006)

○佐賀大学のキャンパス「はちがめサテライト教室」が当事業所の敷地
    内に新築完成。
○(財)北九州国際技術協力協会(KITA)、その他の紹介によるJICA研
    修員の受入開始。
○(財)電源地域振興センター主催、国内研修~地球に優しいまちづくり
    ~循環型社会の形成について~をテーマに、はちがめプランの取り組
    みを発表(東京)。

H19年
(2007)
○「立ち上がる農山漁村」サミット参加、総理官邸でのレセプションに招待
    を受ける。
○FS調査、伊万里市と協働したバイオディーゼル燃料事業可能性調
    査。 (新エネビジョン)
H20年
(2008)

○九州各地へはちがめプランの活動ノウハウ・技術の移転事業開始(霧
    島市の市民団体「新現役の会」)
○「新たな公」の支援を受け市内川内野地区(66世帯)と連携。特産品の
    開発とグリーンツーリズムの可能性調査を開始。

H21年
(2009) 

○はちがめプランの活動ノウハウ・技術移転を大分県安心院町「百笑一
    喜」に実施。
○「新たな公」として川内野との連携継続実施。

 

→受賞歴についてはこちら
→年ごとの詳しい活動についてはこちら

 

◎名前の由来―はちがめとは? 


“生きている化石”といわれるカブトガニは、 伊万里地方の方言で 「はちがめ」と呼ばれています。 2億年前から現在と変わらぬ姿で生き続けるカブトガニのように、 この活動が末永く続くように、また日本最大級のカブトガニ産卵地である伊万里湾を、 美しい状態で子ども達へ手渡したいという願いを込めて、 この活動を「伊万里はちがめプラン」と名づけました。